スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48田名部生来、仲谷明香と舞台版『鉄道員(ぽっぽや)』に出演。

現在MONDOTVで放送されている『鉄道むすめ
~Girl s be ambitious!~』に、AKB48から、
宮澤佐江・河西智美の二人が出演していることは、
このブログでもお知らせしましたが、来年2月7日
には、あの高倉健主演で誰にでも知られている、映
画『鉄道員(ぽっぽや)』の舞台版にAKB48の
田名部生来と仲谷明香が出演することが解った。
それにしても、ここ数年で鉄道マニアが増えて、よ
り鉄道が私たちの生活に密着してきましたね。

最初私が鉄道関係のことを知ったきっかけは、ゲー
ム『電車でGO』でした。
電車はあくまで交通手段の一つであり、鉄道そのも
のに興味があるわけではなかったのですが、この電
車でGOを知って、これはこれで面白いと思うように
なっなりましたよ。

それ以降は鉄道関連番組をCSで見るようになりま
したが、鉄道系オタクアイドルが登場するようにな
り、時代のニーズと進化にただただ驚かされていま
す。

アイドルと鉄道は昔の私には想像ができないくらい
別世界のものでしたが、今では、コラボするのは自
然なことだと思うほど、何の違和感も無く捉えてい
ます。

劇場版『鉄道員(ぽっぽや)』では、高倉健が演じ
た主人公、駅長佐藤乙松の一人娘『佐藤雪子』役を
広末涼子が演じていたが、今回の舞台では、仲谷明
香が演じる。

一方、田名部生来は、原作にはなかった集団就職す
る少女役で出演する。
彼女の父親は大の鉄道マニア。
父親から本作品に登場する列車のことなど詳しく聞
き、また鉄道員を書いた原作浅田次郎氏の大ファン
である母親からは『やるからには本気でやりなさい
!』とはっぱをかけられたとのこと。

浅田次郎の大ファンと大の鉄道マニアという肩書き
を持つ両親のDNAを受け継いだ田名部の演技に注
目したいところですね。

彼女自身、高倉健さんが大好きで、小さい頃母親と
よく映画を見たそうで、更に今回の役は遊びの部分
が多い、少女役とオリジナルキャラに抜擢され、こ
の作品に関わることに大変喜んでいる様子です。

一方で主人公の娘役、一方でオリジナリティーあふ
れる集団就職する少女役とそれぞれの立ち位置で楽
しめそうな舞台『鉄道員(ぽっぽや)』。

是非、2月の初回公演を楽しみにしたいですね。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

※AKB48・田名部生来(たなぶー)関連記事はこちらを
参照してください。

・田名部生来関連ニュース記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/97-e77dc7c1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。