スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漫画原作『AKB48殺人事件』第1話を鋭く振り返る!!

AKB48とグリコ『アイスの実』がコラボしたことで
話題になったAKB48殺人事件
このブログでもCMで流れたストーリーに若干原作で書かれたストーリー
を混ぜて紹介してきました。

この作品の概要は皆さんもご存知だと思いますが、名探偵コナンで有名な
青山剛昌さん原作のストーリーに関しては深く切り込んではいませんでした。

今回からは、原作:AKB48殺人事件を軸にした観点で更に深く振り返っ
ていきます。

CMでは知られなかったストーリーなど、AKB48殺人事件の奥深さが一
人でも多くの人に伝えられたら嬉しいですね。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

皆さんも、再び、AKB48殺人事件を楽しんで頂ければと思います。

まず、初回の今回は、第1話(不器用な探偵)を振り返ります。
みなさんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、早速参りましょう。

『第1話:不器用な探偵(ストーリー・概要)』
前田敦子のAKB48卒業宣言はファンを始め、新聞・テレビなどでも騒ぎに
なるほどの一大騒動となり、多くのファンはショックを受けただろう。

それもそのはず・・・
AKB48の絶対的エースが居なくなるのだから。

その卒業宣言から数日後、共にオープニングメンバーとして、これまでAKB
48を牽引してきた高橋みなみ(たかみな)・峯岸みなみ(みいちゃん)・板
野友美(ともちん)・小嶋陽菜(こじはる)と1.5期生の篠田麻里子(まり
こさん)に一通の招待状が前田敦子(あっちゃん)から送り届けられる。

その招待状に記載してあった住所にメンバーで行ってみると、そこは、『前田
探偵事務所』と看板が出されていた探偵事務所だった。

探偵事務所に入ると、探偵姿をしたあっちゃんが登場。
どうやら、あっちゃんはAKB48を卒業後、探偵になりたかったらしい。

このことは事前にたかみなだけに話されていた。

30年ローンで事務所を購入し、探偵のノウハウは名探偵コナンを読破して会
得するほど、探偵への準備は着々と進んでいた。

そんな中、あっちゃんの下へ、マネージャーからAKB48としての最後の仕
事の連絡が入る。

今回の仕事は、AKB48メンバー(チーム4も含めて総勢89名)での最大
なスケールのCM撮影。
グリコ『アイスの実』とAKB48のコラボによるCM撮影があっちゃんのA
KB48としての最後の仕事となった。

ロケ現場は、総合プロデューサー秋元康先生の友人で、世界的に大富豪の人の
別荘宅にもなっているとある無人島。

AKB48前田敦子の最後の仕事には最もふさわしい。
ロケも順調に進み、初日の撮影が終わった。

初日撮影後、打ち合わせを行っているあっちゃん以外のメンバーが、宿舎でそれ
ぞれの時を過ごしていると、チーム4加藤玲奈が行方不明になっていることにメ
ンバーの誰かが気づく。

打ち合わせが長引き、雨に打たれながら遅れて宿舎に帰ってきたあっちゃんとメ
ンバーで加藤を探しに向かう。

メンバーは必死に加藤を探すが、しかし、ときは既に遅かった。
このとき既に彼女は何者かに殺されていたのだった。

第一発見者は指原莉乃。

あっちゃんにとっては最悪の形として、前田探偵としての最初の仕事がやってき
たのだった。

『所感・見どころ』
冒頭から、あっちゃんの天然性が垣間見れる。
最初の登場シーンもシャーロックホームズバリの出で立ちで登場したかと思えば、
加えたコーンパイプはお菓子で出来ているものと思わず笑ってしまう登場シーン。

更に、探偵のノウハウはどうやって会得しているのかとメンバーに聞かれると、
即座に返ってきた答えは、名探偵コナンを読破したというではないか。

あっちゃんらしいと言えばあっちゃんらしいが、漫画を読むだけで探偵の全てが
会得できるのであれば、なんの苦労もない。

いやみったらしい偏屈な人間だったら苛立ちを与える様な行動に見えるが、これ
があっちゃんが同じことをすると、まったくもって嫌味に見えない。

実に天然だと思えていとおしく思えてしまう。
この辺の天然性な発想と行動が、実にあっちゃんの魅力が引き出され、コミカル
で面白かったです。

また、他のメンバーも個性が発揮されていてGOOD!!。

例えば、身長の低いたかみなは、待ち合わせ場所で他のメンバーに一切気づかれ
ず、恥ずかしい思いをしていたがその様子が、実に可愛らしくてよかった。
背の低さというコンプレックスと、普段しっかりした性格からは見られない恥ず
かしがり方が、ギャップを生んでより一層たかみなに魅了されたファンを少なく
ないだろう。

また、大島優子が小嶋陽菜に上履きをはかせようとするシーンも百合系のやりと
りがなされていて中々面白かった。

更に、指原莉乃が周りを気にせず、宿舎を探検するシーンなど、いろんな意味で
メンバーの個性が発揮されていて第1話から面白さ満載となっています。

是非、皆さんも一度手にとってみて熟読して欲しいなと素直に思いました。


『最後に・・・』
皆さんいかがでしたか?

今回から、独自の見解で原作となった漫画『AKB48殺人事件』を1話ずつ深
く切り込みながら振り返っていきます。

これが、AKB48殺人事件の原作を知るきっかけとなり一人でも多くのファン
が出来れば嬉しい限りです。

是非、皆さんもじっくり原作を読んでみてください。
CMだけでは知られなかった多くの真実に、きっと辿り付けると思いますよ。

ちなみに、原作の感想や、この記事の感想などもこの記事のコメントにて受け付
けています。

人の価値観は十人十色。
感じ方も全く違います。

いろんな感想がこの記事をきっかけに聞ければ私も嬉しいです。

是非お待ちしてますので、どんどんコメントしてくださいね。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

さて、次回は第2話を振り返ります。
この第2話は、加藤玲奈が殺害されてメンバーに動揺が走る中、あっちゃんが探
偵前田敦子としての最初の仕事をスタートさせていくお話です。

メンバー内の対立だったり、同様だったり、現場に残された証拠品など、いろんな
要素がここでも登場してきます。

そんなストーリーを今回動揺独自の見解で鋭く深く切り込んんで行きます。

みなさんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。
では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。
[ 2012/10/03 20:53 ] AKB48殺人事件 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/70-ad9f9437









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。