スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48 チームサプライズ【涙に沈む太陽】 楽曲紹介

AKB48内で様々なユニットが派生されていることはみなさんご
承知の通りで、例えば、私の推しメンあきちゃ(高城亜樹)が倉持
明日香・柏木由紀とユニットを組んでいる『フレンチキス』や、秋
元才加・宮澤佐江・梅田彩佳・増田有華の『DIVA』、小嶋陽菜
・高橋みなみ・峯岸みなみの『ノースリーブス』、大島優子・北原
里英・指原莉乃・横山由依の『Not yet』など、個性豊かな
メンバー構成のユニットがいくつも派生されている。
その派生ユニットはチームサプライズも例外なく派生
されている。
第2弾の『水曜日のアリス』は渡辺麻友をセンターと
する5人組のユニット構成、第3弾の『そのままで』
は板野友美をセンターとする3人組のユニット構成、
そして第4弾となる『涙に沈む太陽』では柏木由紀を
センターに、篠田麻里子・宮澤佐江の3人で形成され
たユニットでファンを魅了します。

今回は、そのチームサプライズ4thシングル『涙に沈
む太陽』をご紹介します。

みなさんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。
では、早速参りましょう。

【チームサプライズ楽曲紹介④:涙に沈む太陽】
『メンバー構成』
センター
柏木由紀(チームB):ニックネーム(ゆきりん)
他メンバー
篠田麻里子(チームA):ニックネーム(麻里子様)
宮澤佐江(チームK):ニックネーム(さえ(私的にはサエちん))

『楽曲紹介・所感』
公式サイトでも『バリバリのサマーチューン』がやってきたと公表
されているようにこの曲は、ひと夏の恋をドロドロと幾重にも重ね
たような、時に激しさを時に悲しさを強く印象に残るような恋愛系
楽曲というべきだと私は思う。

まず、最初にパチンコホールでこの曲のライブ映像を観たときの感
想が、田中美奈子がカバーしたことでも話題になった安西マリアの
『涙の太陽』に似ているということだ。

それもそのはず、この系統の楽曲は一つの伝統芸として定着されて
いるそうだ。

リズム・テンポ・短調によっており綴られるメロディどれをとって
も一つの法則に従って歌い綴られ、これが最も聴いていて気持ち良
い曲として定着していくのだ。

この伝統芸は『涙に沈む太陽』にもしっかり受け継がれている。

リズム・テンポ・メロディと全てにおいて、激しく燃えるひと夏の
恋模様を歌い綴ったサマーチューンであり、これこそがザッツ昭和
歌謡と言うべきだろう。

AKB48総合プロデューサーの秋元康先生もこの系統の楽曲が好
きらしい。
その他には、美空ひばりの『真赤な太陽』も有名だ。

とにかく、『涙に沈む太陽』は、激しく燃えるひと夏の恋を深くデ
ィープに歌い綴った曲なのだ。

映像としてイメージしやすいように、ドラマで例えると、渡辺裕之
・高木美保主演で話題になった、東海テレビ製作の昼のドラマ『華
の嵐』のような激しい恋模様だったり、堀ちえみ・風間杜夫・片平
なぎさが出演したスチュワーデス物語のようなドロドロした三角関
係がこの曲のイメージにピッタリ当てはまる。

本当に、重たいくらいドロドロした激しい恋模様がイメージされる
楽曲なのだ。

歌詞に関してもそのことが強調されている部分がある。

『夏に燃えた恋だから
キスは少し しょっぱくて
そっと噛んだ唇が
あなたを忘れていない』


この部分の歌詞を聴いて、私は正直ドキッとさせられた。

普通キスって甘酸っぱいものだと思うが、少ししょっぱいとは歌わ
れない。
では、何故少ししょっぱいと歌詞が綴られているのか?
これはあくまで推論上の話ではあるが、この『しょっぱい』には、
激しく燃えた恋であり、傷ついたり苦しんだりしたことを強調させ
るために、あえて『しょっぱくて』と綴られているのではないかと
思う。

さらに、歌詞は、そっと噛んだ唇があなたを忘れていないと続くの
だが、これがひと夏の激しく燃えた恋模様がまるでやけどの後が何
時までも残る様に、その娘の心に何時までも残っていると強調して
いるかのように聴こえるのだ。

表現的には良くないかもしれないが、私は、鈍器で殴られるほどの
衝撃をこの歌詞から受けたんです。

また、ライブ映像では、いい意味でのいやらしさが、篠田・宮澤・
柏木の3名から醸し出されていて、普段とは全く異なる表情となり、
最後まで見終える時には、完全に虜となってしまうほどだった。

AKB48ファンはだけでなく、特に麻里子様・サエちん・ゆきり
ん推しのファンは一度映像と共にこの『涙に沈む太陽』を聴いて欲
しい。

最後まで聴き終えたころには、彼女たちの違う一面が貴方の心を鷲
掴みにしてしまうことでしょう。

※一応、視聴用にYOUTUBEなどで流れている共有映像を添付
しておきます。
是非一度見てみてくださいね。


涙に沈む太陽 (Namida ni shizumu taiy?) - Team... 投稿者 f100001894125945
※『涙に沈む太陽』の視聴はこちらをご覧ください。
※著作権等は全て、著作者・団体に帰属しております。
あくまで視聴を目的としてyoutube等の共有映像を引用させていた
だいているだけです。
決して、著作権違法などを助長しているものではありませんこと
ご了承ください。
※この映像はユーザーによっていつ削除されるかわかりません。
削除された場合は、映像を見ることは出来ませんので、その旨ご
了承ください。


『最後に・・・』
以上、チームサプライズ4thシングル『涙に沈む太陽』の楽曲
紹介です。

皆さんいかがでしたか?

私自身AKB48のファンでは有りつつも、ゆきりん麻里子様
に関しては、特にイチオシとうことはありませんでしたが、惜
しメンの一人のサエちんを始め、ゆきりん・麻里子様も、今ま
でとは全く異なり、いい意味でのいやらしさを全開させ、ファ
ンの心を鷲掴みにするほど悩殺しています。

チームサプライズのこれまでの楽曲では想像できないほどの激
しい人夏の恋を歌い綴った『涙に沈む太陽』は、きっと名曲と
して何時までも多くの人たちの心に残ることでしょうね。

さて、次回の楽曲紹介は5thシングル『君のC/W(カップリ
ング/ウィズ』をお届けします。

またこの曲も、『涙に沈む太陽』とは全く異なるテイストの楽
曲です。

実際に私自身CDを入手し何度も聴いている楽曲ですので独自
の見解の下、この曲の魅力を最大限お伝えできるよう、しっか
りご紹介していきますね。

皆さんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。
では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。
[ 2012/10/01 15:24 ] チームサプライズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/61-510dec9f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。