スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48世代交代がささやかれる中、総監督高橋みなみが下したある決断とは・・・

今年になってAKB48を卒業するメンバーが一気に増えてきましたね。

これは、そろそろ世代交代の兆しなのかもしれませんね。

板野友美・河西智美・秋元才加が卒業発表し、古参メンバーがどんどん
減ってきています。
世代交代といってもやはり寂しいものです。

ここまで卒業発表が出てくると、やはり、他の古参メンバーの卒業が話
題になってきます。

特に話題になっているのがAKB48総監督であり、今月ソロデビュー
を果たした高橋みなみの卒業時期はということですね。

実際、たかみなは、6月開票される第5回AKB48選抜総選挙に出馬
するか否か相当悩んでいたそうで、その理由の一つに『古参メンバーの
自分が出馬することで枠を一つ奪っていいのか?』という心理があった
とのこと。

確かにたかみなが出馬すれば選抜入りの枠は一つ確実に埋まってしまう
でしょう。
若手メンバーにとってはある種障害になるといっても過言ではない。

しかし、世代交代の時期に当たっているといっても、古参メンバーがす
べて卒業しなければならないというわけではないはず。

篠田麻里子は昨年の選抜総選挙で私を倒してほしいと宣言し、今年の選
抜総選挙も若手メンバーの壁になるべく出馬しました。
だから、たかみなも出馬して若手メンバーの壁となってもいいわけで、
自身がAKB48の中で、まだまだ楽しみたいのであれば絶対に出馬す
るべきなのだ。

そのことを握手会などを通じて感じ取ったたかみなは、『スタッフ(総
監督)の立場ではなく、自分自身がAKB48を楽しめばいい』と考え、
ギリギリのタイミングで出馬表明しました。

先日、AKB48を卒業発表した秋元才加のように、選抜総選挙を辞退
しAKB48を卒業発表するのも一つの道で正解だと思う。
もちろん、篠田麻里子のように、若手メンバーの壁としてAKB48に
居続けるのも一つの正解。

どちらの道に進んでも間違いなど無い。

AKB48はメンバーたちが夢をかなえていくための中継点なのだから、
ここで、ソロとしてやっていく決心がつけばそのタイミングで卒業すれ
ばいい話。

たかみなも例外なく、自分の進む道がソロ一本、あるいは全く別の道に
なった時点で卒業すればいいと思う。

では、たかみなはAKB48卒業に対してどう考えているのか?

12日、NHK総合「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演し
た際に、自身の卒業について心境を語られている。
他のメンバーが続々と卒業していくことに対して、『向き合っていかな
いといけない』と語り、自身の卒業に関しては『グループが好きだから
AKBにいるが、好きなまま、いつか卒業しなきゃ』と考えているよう
だ。

ただ、たかみなは、ファンの後押しもあり、まだまだAKB48を楽し
みたいようで、卒業は当分先の様子。

AKB48ファンの一人としては、これ以上の卒業者は出してほしくな
いのが本音なだけに、たかみながまだまだAKB48メンバーとして光
り輝く姿をファンに向けて見せてくれるのはありがたいことですね。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/585-bf0ebf4c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。