スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ものまねタレントキンタローも安堵。 前田敦子がすごくうれしいと自身のものまねにお墨付き。

元AKB48の前田敦子のものまでで一躍注目を浴びるように
なったモノマネレントキンタロー。

彼女のモノマネは独特で面白いが、あまりにもデフォルメしす
ぎて、モノマネされている前田敦子にどのように映っているの
か、正直、疑問でした。
ものまねには、二通りのやり方があって、面白おかしくデフォ
ルメしていく手法と完全コピーを心掛けそっくりであることで
視聴者を釘づけにしていくモノマネの王道的手法が主なスタイ
ルとされていますよね。

キンタローがモノマネしているあっちゃんは、完全にデフォル
メされたもので、見方によっては馬鹿にしているようにも映っ
てしまいます。

これは、モノマネの大御所コロッケさんでも同じで、岩崎宏美
さんのモノマネをされた際に、あまりにもイメージが崩れてし
まい、モノマネしてくれるのは非常に嬉しいが、本人からシン
デレラ・ハネムーンは、もうライブなどでは歌えないというこ
とを言われたらしい。

また、野口五郎さんのモノマネに対しては本人は少しご立腹の
様ですね。

確かに、デフォルメされている分、多少似ていなくても面白け
ればOKなのでしょうが、とらえ方・見方によっては、ご本人
の怒りを買ってしまうとんでもない行為になってしまいます。

それだけ、デフォルメ系モノマネは難しいものだと私は考えて
います。

実際あっちゃんのモノマネをしているキンタローさんは、あっ
ちゃんが、このモノマネをどんな風に見ているのかすごく不安
がっていたようで、ソフトバンクのCMでフライングゲットの
振りを、キンタローと同じようにしてくれたことに関して感極
まっていましたね。

まだ、実際に会ってお墨付きをいただいたわけではないけれど、
キンタローにとって、モノマネを本人に認めてもらえたことで、
不安が取り除けホッとできたのでしょうね。

そういえば、あっちゃんが、24日、自身が出演している映画『
クロユリ団地』が沖縄国際映画祭の特別招待部門に出品され、
その舞台挨拶に共演の成宮寛貴さんと出席していましたが、そ
の際、キンタローさんのモノマネについて、『実際にお会いし
たことはまだないのですが、モノマネしてくれてすごくうれし
い』と語ってくれていましたね。

これで、自他ともに認める前田敦子のモノマネ第一人者として、
芸能界で大暴れできるのではないでしょうか。

私としては、あっちゃんとキンタローさんのコラボが実現して
ほしいと、すごく期待しています。

AKBメンバーたちとは一度コラボしているキンタローさんの
モノマネ版前田敦子が、本人とコラボし、多くの視聴者を沸か
せることを楽しみにしている今日この頃です。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/564-9b17c385









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。