スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48梅田彩佳の、度胸の据わった超大胆的戦略に驚かされっぱなし・・・ ヌメロン第10回大会決勝『千原ジュニア戦』

皆さん、先日、ヌメロン第10回大会決勝『AKB48梅田彩佳
vs千原ジュニア』の一戦をご覧になりましたか?

AKB48メンバーは度胸が据わっているのか、この一戦で梅ち
ゃんの大胆的な戦略が垣間見えましたね。
まず、抽選の上、後攻になった梅ちゃんの1手目はなんと自分が
設定した『2165』。
いくらジュニアが梅ちゃんの設定ナンバーを知らないとはいえ、
これほど挑発的な攻めをするとは、何ともすごい大胆さです。
結果は、1EAT1BITE。
この中の2つの数字が使用されていることが解りました。

そして、驚かされたのはこれだけではありませんでした。
なんと、先頭2枚を21固定にし、3枚目・4枚目の5・6を入
れ替えるという2ターン目のトリッキーな攻撃があり、また、じ
ゅにあが3ターン目で梅ちゃんの使用している数字のほぼすべて
を割り出しているにも関わらず、またもや3ターン目で21固定
の攻撃を繰り出すという、とんでもない大胆な奇策に打って出た
のです。

いくらジュニアが『スラッシュ』・『シャッフル』の2アイテム
を持っていて、梅ちゃんにアイテムが無い状態だったといっても、
ここまで玉砕覚悟の大胆な攻めを繰り出していくというのは、よ
ほど度胸がないとできない作戦ですし、そもそも第1手目に自分
の設定ナンバーをコールするなんて、普通は考えられない。

確か、これに似た作戦で挑発に打って出たのは前回の第9回大会
『土田vs劇団ひとり戦』で土田さんが、劇団ひとりの奥さんで
ある大沢あかねの誕生日にちなんだ設定ナンバーをそのまま自分
の設定ナンバーにしただけでなく、ファーストコールでそのナン
バーを組み替えてコールしたという大胆不敵な作戦がありました
が、今回の梅ちゃんの戦略は、これ以上の究極な挑発的作戦だっ
たといえるでしょうね。

普段、どちらかというとおっとりしているタイプの梅ちゃんです
が、そんな梅ちゃんからは想像できない度胸のよさを見せてもら
えたヌメロン第11回大会決勝でした。

皆さんには、この一戦どのように映ったことでしょうか・・・

ヌメロンは駆け引きの要素が高いため、攻め方・守り方に個性が
現れます。
それだけに、いつもと違った一面も見られるのっで、梅ちゃんに
限らず、ほかのAKBメンバー達もどんどん出演してほしいもの
ですね。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/559-67dcef2a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。