スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

週刊文春による柏木由紀の合コン報道はAKB48魔女狩り報道。 人権をも侵害した彼らは鬼畜・・・

人間は異性とすれ違うことすら許されないのか・・・
そして隔離された中でしか生きることが許されないのか
・・・
これは、AKB48柏木由紀が合コン報道されたことに
対する週刊文春に対する、私なりの疑念の表れである。

同じくAKB48メンバーで先日の恋愛報道によって研
究生に降格した峯岸みなみや、J1セレッソ大阪の扇原
貴宏・杉本健勇を含めたメンバーで食事に出かけたとこ
ろスクープされたようだが、この報道を知り私は心底、
人類のモラルない言動に悲しみ怒りを通り越し呆れ果て
ばかりだ。

大体、ただ食事に出かけているだけで、恋愛禁止に触れ
るのか理解に苦しむ。
合コンとは異性同士の食事会の延長線上にあるのは私も
熟知している。
ただ、食事=恋愛と安直に結びつけるのが本当にまっと
うなる姿なのか?

もしそれが本当なら、この世に置ける全ての人間が、恋
愛していることになり、当然AKB48メンバーは全て
即離脱することになる。
それが、総監督高橋みなみであろうが、昨年の選抜総選
挙1位でAKB48の顔である大島優子であってもだ。

私としては、そんなこと当然ありえない話なのだが・・・

そりゃそうでしょ!!
たかみなやゆうこにだって家族はいる。
家族構成まで詳しくは知らないが、お父さんはもちろん
のこと男兄弟だっているかもしれない。
その家族と食事することすら許されないのか?

ありえない!!
彼女たちはAKB48である前に一人の人間なんですよ!!

恋愛禁止というけれど、愛情には単純に恋愛だけでなく
家族愛だったり仲間との絆としての愛情だったりあるわ
けで全てが恋愛となるわけではない。

そんなことすら週刊文春側が理解できていないのなら、
同じ人間としてそれこそ大問題だ。

柏木由紀の合コン報道記事はまさに人権侵害以外のなに
ものでもない!!

これ以上の人権侵害があっていいものだろうか?

今回報道された、柏木由紀の一件にしても、ただ食事に
行っただけだという。
それも合コンだとか男性メンバーがいることなどを知ら
ずに行ったとのこと。

もちろんゆきりんが嘘を付いていることも考えられるが
そこまでして、ゆきりんにメリットがあるのか?
デメリットはたくさん考えられるが、それ以上のメリッ
トが考えられない行動をゆきりんがとるのか疑問である。

そのことを踏まえた上で、意見を発するが、食事に行っ
ただけで恋愛になるんですか?

週刊文春に関わる社員さんたちは本当に、これで恋愛し
ていると考えているのですか?
今回の記事は本当に情けなくて仕方がない!!

同じ人間の書く記事だとは到底考えられない。

確かに記者は情報を面白おかしく伝えていかなくてはいけ
ない仕事であることは十分理解しているつもりだ。
私も、ブログを通じてどのように面白くわかり易く伝えて
いくべきか、日々奮闘している。

だけど、これは違うでしょ。
表現の自由という後ろ盾に何をしても許されるのか?
そんなことが許されるのであれば、人種差別などはもちろ
んのこと、権力者による無差別殺人も許されるということ
になりかねない。

なんでも表現の自由で片付けるなんて、絶対あってはなら
ない!!

現状、週刊文春にとって、AKB48は格好のカモとなっ
ている。
自分たちでネタを探さなくても、どんどんネタを提供して
くれるアイドルグループと考えているのだろう。
恋愛禁止に注目し、どんどんスキャンダルを取り上げてい
けばファンは週刊文春を購入してくれると勘違いしている
のだ。

といっても、実際購入してくれるかもしれない。
それは、ファンとしてスキャンダルを心配し、事実を知り
たいという心理に働くからであって、決して面白がってい
る訳ではない。

ファンの心配や不安を煽り立て、メンバー達の人生も奪い
自分たちは酒池肉林の世界を堪能しようと考える、最も人
間としての愚かな部分がオンパレードになっている週刊文
春の行為には愛想が尽きる。

ここ最近の週刊文春側がスクープしているAKB48を対
象とする記事は、AKB48メンバーはもちろんのこと、
ファンや関係者たちをも侮辱す魔女狩り的報道なのだ。

このままでは、AKB48メンバーに自殺者が出てしまう
可能性も十分考えられる。
そうなる前に、一刻も早く、週刊文春に関わる全ての人間
の人権を全て奪わないと大変なことになるだろうと危惧し
ている次第だ。

では、今回はこの辺で。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/515-1b30d6ff









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。