スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48随一クールビューティーな板野友美にとってのAKB48第2章とは・・・

AKB48が昨年前田敦子卒業後、第2章を迎え、
ドキュメント映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FL
OWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の 後に何を見る
?』が2月に放映されますね。
まだAKB48にはいりたての後輩メンバー達は、
思い入れは少ないかもしれないが、オープニング
メンバーにとっては、これまでの第1章は思い入
れも強く、第2章に向けていろいろ心境の変化な
ども見られています。

そんな中、普段からクールであまり表情が起伏し
ていない様な印象が残る板野友美は、第2章に突
入しても大きな心境の変化は無いようですね。

『特に意識していないけど、若いメンバーもたく
さん増え、雰囲気も変わった気もするし、これが
第2章なのかな、と思いますね。あっちゃん(前
田敦子)の存在は大きかったけれど、いなくなっ
た寂しい気持ちはもうフッ切れて、前向きに、ま
た新たなAKB48を作ろうとしていると思いま
す』と撮影終了後のともちんのコメントを見ても
分かるように、クールで常に進化を目指すともち
んらしさが見受けられますね。

ただ、中に秘めたる想いは普段のクールなともち
んからは想像できないものがあり、後輩メンバー
たちにも熱いエールを送っていました。

これもともちんのコメント。
『AKB48の選抜メンバーには、女優や歌手、
バラエティーを目指す子。あと優等生や面白い子
がいたりと、それぞれ自分らしさ(個性)がある
と思うんです。でも、後輩メンバーにはまだそう
いうところが見えてこない。だからもっと自分ら
しさや自分の夢をしっかり持って、もらいたいん
です。』
ともちんらしく、クールで淡々としながらも、中
身はかなり濃く熱いエールでした。

ともちんは、あれこれ語って牽引していくタイプ
ではなく、自身の姿を見せることで語る(背中で
語る)タイプだけに、自身の自分らしさである、
クールビューティーなところを存分に発揮し、時
にモデル、時にアイドルという姿を後輩メンバー
に見せ続け、自分らしさを教えてくれる指導者と
して今後も活躍してくれると信じ期待したいです
ね。

後輩メンバーたちも、ともちんの姿を目に焼付け
自分らしさへのヒントをつかんで欲しいと願って
います。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/501-f5675245









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。