スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48高橋みなみが語る奇跡のユニット『ノースリーブス』

AKB48一期生の派生ユニットとして今も活動している
ノースリーブス。
この7年間メンバーが一人も抜けることなく活動続けられ
たことはある意味凄いことです。

更に、AKB48グループをまとめる総監督の高橋みなみ
と、美系でちょっとお馬鹿キャラの小嶋陽菜、バラエティ
担当の峯岸みなみと全く個性が異なる3人がユニットを組
むという凄いグループです。

インタビューでも、高橋みなみが『奇跡のユニット』と語
っていました。

7年間誰一人抜けることなく、東京ドームまでの1830
mを駆け抜け、見事夢のドーム公演を達成し、今も活動を
続けている3名がこうしてユニットを組む事が、ある意味、
奇跡なのかもしれませんね。

さて、そのノースリーブスが、16日、新曲『キリギリス
人』をリリース。

この『キリギリス人』は、『さぁ、何もかも忘れてキリギ
リス人になろう』と呼びかける刹那的なパーティーチュー
ンで、今大ブレイク中のゴールデンボンバー鬼龍院翔が作
曲したことでも話題になっている曲ですね。

残りわずかとなったこの一期生の3名でユニットを組む『
ノースリーブス』で歌うことに関して、インタビューを受
けたたかみなは、更にこう答えてくれました。

『1期生がこうやって集まっているのは自分たちとしても
うれしい。(05年12月にAKBが始まって以来、この
3人は)全てを共有してきているので・・・』。

これこそたかみなの本音がぎっしり詰まった回答ですね。

出会いがあれば別れがあるように、AKB48が進化して
いく中で新たなメンバーが増えれば、当然、卒業していく
メンバーも出てきます。

1期生はノースリーブスの3名と板野友美の4人だけで、
1.5期生の篠田麻里子を入れても5人しかいません。

その貴重なメンバー3名で活動し続けるノースリーブスは、
まさに奇跡のユニットで、これからも活動し続けて欲しい
派生ユニットの一つといえるでしょう。

いつかはメンバー達が卒業し解散することになるでしょう
が、その日までファンの一人として追い続けたいと思う、
今日このごろです。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/486-b595cab8









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。