スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48石田晴香の初音ミク役に対する否定意見に反論!!

漫画原作のドラマがつまらなかったり、カヴァーされた楽曲
がつまらないと感じ、否定することは十分考えられるし、気
持ちはわからなくないですね。
実際に、漫画・小説が元となるドラマや、アーティストの楽
曲カヴァー、楽曲をテーマにするミュージカルに対する意見
が賛否両論なのは、当然のことでしょう。

私自身、AKB48やJUJUのファンであり、彼女達の楽
曲に対する思い入れは強い。

それ故にカバーされることに対する抵抗感がないと言えば嘘
になるが、それ以上に、カヴァーするなら最高のパフォーマ
ンスでカヴァーしてほしいと考えています。

さて、今回の話は、先日ブログでも話した、AKB48石田
晴香が、ヴォーカロイド初音ミクの代表曲『千本桜』で、主
役を演じることに、『初音ミクを汚すな』、『AKBが初音
ミクを演じるなんて・・・』、『二次元と三次元を一緒にし
ないで欲しい』と激怒している意見が殺到していることです。

この意見に全否定する気は無いが、あまりに暴走しすぎる意
見に対しては釘を指しておきたい!!

そもそも、二次元と三次元を一緒の舞台に上げてきたのは初
音ミクの方ではないか!!

初音ミクは、ヴォーカロイドとして三次元に飛び込んできて
いる。
その事実として、日本の国家とする君が代までカヴァーしニ
コ動で流れているのだ。

そのことの是非に触れる気はさらさらないが、もし、二次元
と三次元を一緒にするなというのであれば、世の全ての楽曲
のカヴァーを一切認めてはいけないはず!!

その時点で初音ミクは世の中から消滅させなければいけない
はずだ。

しかし、それでいいのか?と疑問が残る。

世の中にカヴァーしている楽曲アーティストはいくらでもい
る。

君が代を初音ミクが歌って何考えている?と、考えている人
もいるだろうが、私は、それはそれでいいと思う。

決して馬鹿にしているわけではないし、新たな感じ方で初音
ミクの君が代を聴くことが出来るのは非情にいいことだと思
う。

だからこそ、『千本桜』をテーマとするミュージカルで、A
KB48石田晴香が主演を演じるからといって全面否定しな
いで欲しい。

AKB48と初音ミクのコラボもいいじゃないですか。
いろんな融合があってそれぞれが進化していく。
そんな姿が未来のAKB48、未来の初音ミクをもっと幅広
いものにしてくれると私は信じて疑いません。

どうか暖かく見守ってやってください。

もし争いたいというのであれば、三次元に勝手に割り込んで
きた初音ミクこそ、消滅すべき!!

二度とカヴァーはしないで欲しいとなってしまう。
こんな悲しいことだけは避けたいんですよ。

初音ミクも素晴らしいアーティスト。

意見は様々だけど、悪く言うのだけはやめて欲しいと切に願
う今日このごろです。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

カバーすることが三次元への割り込みになる。というのが今二つばかりピンと来ない。

まあ、大声で叩いてる奴の7~8割は対立煽って楽しみたいって思ってる奴でしょ。
ボカロ好きでAKB嫌って叩いてるひとはそんないないんじゃないかなあ。
(そんなことする暇あったら曲作るなり、イラスト描くなり、
MMDいじるなり、なんなりしてるだろうし。)
[ 2013/03/20 01:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/475-bfc6bd5b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。