スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実の父とデートしてても恋愛禁止に触れるのか??? AKB48大島優子が週刊文春のゴシップ記事で叩かれる悲劇にファンは怒りを通りこして失望の声連発・・・

AKB48が芸能界の中心として、何かと話題の中心
になっていることは、このブログでも何ども話してき
たことだが、2013年1月17日号の週刊文春で大島優子
のスキャンダルを狙った意図的な誤報記事を見ても明
らかですね。
週刊文集には、AKBメンバーがことごとく半分以上
デタラメな記事を書かれ、表現の自由という後ろ盾の
下、言葉というジャックナイフで殺意を抱き記事を飛
ばされ続けている様に思われる。

事実、週刊文集の記事によって何人もAKBメンバー
が活動辞退へと追い込まれていっているだけに、今回
の記事も衝撃が走りました。

なんと、昨年の選抜総選挙1位であり、AKBの顔と
いっても過言ではない大島優子が、40~50代の男性と
隠れ家和食店に行ったという内容の記事が週刊文春に
載せられたが、実は、優子のお父さんとデートしてい
ただけというオチだったようだ。

実のお父さんとデートしてたら、いちゃいちゃするの
は普通でしょ。

まるでAKBメンバーに対して家族との血縁関係すら
一切絶て!!と言わんばかりの記事に、正直殺意すら
感じられる。

話題の中心になり、注目されることはいいことだが、
その反面、事実まがいな記事を書かれて、恋愛禁止に
触れたから即活動自粛させられたら、なんのためのA
KB48なのか訳が分からない。

AKBメンバーにとってAKB48は夢の通過点であ
りながらも、青春の全てを注ぎ込み、人生かけている
ものなのだ。

私たちで例えるならば、普段の生活と言うより、命そ
のものといっても決して過言ではない。

これは、言葉というジャックナイフを用いた立派な殺
人未遂である。

この記事を書いた人間だけでなく週刊文春社員全て、
即座に切腹をし、命をもって謝罪すべきだと私は考え
る。

芸能人である以上、ある部分プライベートが無いとい
うリスクがあるのは十分承知していることだが、事実
と無関係にして、さも恋愛していると面白おかしく報
道するなんて、まさに人殺しそのものである。

まぁ、ゆうこがこれくらいのことで活動自粛すること
はないと思うが、ファン思いのAKBメンバーだから
こそ、活動自粛することも考えられなくはない。

AKB48に恨みがあるかどうか解らないが、週刊文
春は、訴えられてもおかしくないことばかりしている。

ジャーナリズムが聞いて呆れる。

ヤフーニュースでは、「なんで記事になるの?」と失
望している人が多いと記載されています。

私も週刊文春には本当に失望しています。

私たちファンに求められているのは、こんなゴシップ
記事に惑わされず、しっかりメンバーを信じ応援し続
けることでしょう。

私は、何度もこのブログで語っているように、何があ
っても応援し続けます。

他のAKB48ファンの皆さんも、こんなゴシップ記
事に一切惑わされることなく、しっかりメンバーを応
援し支えていきましょう。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/462-0399a3ac









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。