スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48 『蕾たち』 楽曲紹介

AKB48にはまだまだ陽の目を浴びないメンバーが
たくさんいます。

研究性の大半が、まだ陽の目を浴びていないメンバー
達です。
昨年じゃんけん選抜大会をきっかけに注目を浴びるよ
うになった島崎遥香、AKB48殺人事件で犯人役に
抜擢され、それ以降注目されている大場美奈、指原莉
乃のソロ第2弾シングル『意気地なしマスカレード』
のダンスユニット『アンリレ』メンバーとして注目を
浴び始めた、入山杏奈・加藤玲奈・川栄李奈を始めと
する、元チーム4メンバーも、かつては研究生であり、
なかなか陽の目を浴びることができませんでした。
それでも、必死にAKB48劇場などで、奮闘し続け
てきたからこそ、今があるのでしょう。

AKB48の楽曲の中には、そんな彼女たちに目を向
けて欲しいと願い歌い綴られた曲があります。

その曲が、アルバム『1830m』の12曲目に収録
されている『蕾たち』です。

今回は、その『蕾たち』を私独自の見解の下、楽しく
紹介していきたいと思います。

皆さんお楽しみに。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、早速参りましょう。


【1830m:第12曲『蕾たち』楽曲紹介】

【曲調に関して(所感)】
簡単に一言でこの曲を解説すると、少しアップテンポで
ありながらも全体的に安定感のある、なじみやすい曲調
です。

曲の構成としては、前サビから始まり、1番(Aメロ→
Bメロ→サビ)、2番(Aメロ→Bメロ→サビ)、ラス
トと続いていきます。

前サビから始まるのですが、メロディーと大きな差が無
いため、すんなりと聴くことができます。

アイドルソング定番という印象を受ける楽曲ですが、ア
イドル系楽曲を始めて聴く人にも馴染めるような印象が
あり、AKB48を始め多くのアイドルグループを知り
始めるにはいいきっかけになれる曲といえるでしょう。

ただ、どんな曲にも逆の一面があり、この曲に関して言
えば、ある意味一本調子という感じがあります。
アップテンポで大きく揺れ動くロックテイスト的な曲が
好きな方にはつまらなく感じてしまうかもしれません。

安定感はあるけど、大きな動きや波は感じられないとい
う曲がこの蕾たちです。

しかし、この曲は、研究性やチーム4達が歌い綴った曲
ですので、ある意味初々しさが感じられるという曲調で
仕上がっているのも納得がいくと思います。

是非、ゆったり心を落ち着かせながら聴いてみてくださ
い。
また一味違う『蕾たち』に出会えることでしょう。

【歌詞に関して(所感)】
この曲はどちらかというと曲調より歌詞に重点を置いて
いる様な印象を与えてくれます。

特にサビの部分は、彼女たちの切なる願いがあふれ出て
涙を流す人も少なくはないでしょう。

これがそのサビの歌詞です。

『前サビ・2番サビの歌詞』

「あなたに咲かせて欲しい
大きな夢の蕾
雨風に打たれてもへこたれたりしないよ
大地に根を張って待つから
いつかください 太陽を…」

『1番サビ・ラストの歌詞』

「名前を覚えて欲しい
植物図鑑の中
有名じゃないけど
こういう花もあるって…
気づいてくれるだけでもいい
陽が当たるように こっちを見て…
WOW WOW YEAH!
WOW WOW YEAH!」

皆さん、いかがですか。
植物図鑑に記載されていないような無名なつぼみ達を、
チーム4や研究生に置き換えて、歌い綴られた歌詞を見
ると、何か心を打たれるモノがそこにあり、涙を流しな
がら、応援してあげたいという気持ちにさせてくれるよ
うな素晴らしい歌詞だと、私は素直に思います。

なかなか陽の目を浴びることが出来ずにいながらも、必
死にもがき、戦い抜く彼女たちに少しでも多くの支えを
くださいと願う気持ちがストレートに伝わります。

日々奮闘する彼女たちの切なる願いをしっかり受け止め
ながら聴いてみると、また一味違う『蕾たち』を堪能す
ることができると思いますよ。

【最後に・・・】
みなさんいかがでしたか。
今回は、アルバム『1830m』の12番目に収録され
た楽曲『蕾たち』を私独自の見解の下、皆さんに紹介し
ていきました。

何度も話しているように、『蕾たち』は、まだ陽の目を
浴びていないAKBメンバー達が、日々、必死に劇場な
どで戦いながらも、支えとして、少しでも自分たちに気
づいて欲しい、自分たちを観て欲しいと願い歌い綴られ
た楽曲です。

7年の月日が達、今では芸能界の中心となるAKB48
ですが、AKB48には、初めから天才という逸材はい
ませんでした。
これは皆さんご存知のとおり、絶対的エースだった前田
敦子でさえ例外でなく、今でも、どこか不器用な面々達
だと多くのファンは思っていることでしょう。

では、何故、ごくごく普通の彼女たちが芸能界の中心に
なれたのか?

それは、どんなことにも真剣に前を向き続け戦い抜く姿
勢があったからではないでしょうか。
総監督であるたかみなですら、はじめはどこにでもいる
ようなごく普通の女の子でした。
それが7年の月日が過ぎ、あれほどのカリスマを持てる
AKBメンバーに成長したのです。

その裏での苦しく辛いことが数多くあったことでしょう。
あっちゃんが過呼吸で倒れそうになったこともありまし
た。

私たちファンがまだ知らない、多くの苦しいことが彼女
たちを襲い、そんな中、必死にもがき苦しみながらも戦
い抜き、今のAKB48があるんだと私は思っています。
そんなAKB48だから、多くのファンが応援したくな
り、どんなことがあっても支え続けていくんでしょう。
そして、今、AKB48が芸能界の中心になっているん
です。

彼女たちのひたむきな姿、不器用でもまっすぐ突き進む
姿が、今AKB48が芸能界の中心となっている最大の
理由なのです。

そのAKB48イズムは、まだまだ陽の目を浴びていな
い、研究生たちにも受け継がれています。
だからこそ、この『蕾たち』も素直に聴くことが出来る
んです。

彼女たちの純粋な気持ちに触れながら、じっくり聴いて
みてください。
きっと心が洗われ、応援したくなる気持ちになると思い
ますよ。

さて、次回は、『1830m』の13番目に収録されて
いる『ユングやフロイトの場合』を紹介していきます。

なかなか、マイナーな楽曲は、なじみがないかもしれま
せんが、実はこの曲は隠れた名曲だと私は位置づけてい
ます。

実際YOUTUBEでのコメントで『いい曲』・『泣ける曲』と
いうコメントを多く見かけます。

選抜シングルではなく、マイナーな楽曲でありながら、
これだけ多くのファンに支持されている楽曲はなかなか
見かけれません。

私独自の見解ではありますが、次回で楽しく皆さんにも
紹介していきます。

是非、楽しみにしてお待ちくださいね。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

P.S.
今回紹介した『蕾たち』の視聴映像を添付
しておきます。
気になる方は、是非、一度ご覧くださいね。


※『蕾たち』の視聴はこちらをご覧ください。
なお、著作権等は全て、著作者・団体に帰属しております。
あくまで視聴を目的としてyoutube等の共有映像を引用させて
いただいているだけです。
決して、著作権違法などを助長しているものではありませんこと
ご了承ください。
※この映像はユーザーによっていつ削除されるかわかりません。
削除された場合は、映像を見ることは出来ませんので、その旨
ご了承ください。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/460-690d39f9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。