スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぱるる・まゆゆの影になりながらも大きく飛躍した演歌界の期待のホープ、AKB48岩佐美咲に対する今年の期待

昨年のAKB48は各メンバーが大きく飛躍した一年でも
ありましたね。
このブログでも島崎遥香や渡辺麻友のことは多く語りまし
たが、若干目立っていない感は有りつつも、しっかり演歌
という舞台で大きく飛躍したメンバーがいます。

そう、誰もがご存知の岩佐美咲(わさみん)です。
わさみんは、ソロデビュー曲『無人駅』でロングヒットし、
有線大賞の新人賞とロングリクエスト賞を受賞下だけでな
く、オリコンランキングの演歌歌手によるデビューシング
ル総合TOP10入り最年少記録を更新という快挙を成し
遂げてくれました。

AKB48としても有線大賞の新人賞は獲得できませんで
したし、いろいろ考えてみると、実にすごいことをやって
くれただと、改めて感動します。

残念ながら、ぱるるのじゃんけん選抜以降の急成長と、ま
ゆゆが【真夏のSounds good !】でセンターを務めるように
なったことで、わさみんのことが若干目立たなくなってい
たように思いますが、AKBメンバーとして大きく飛躍し
たことには違いありません。

実際、昨年の選抜総選挙でも始めて33位にランクインし、
ネクストガールズのセンターを務める充実した一年だった
だけに、今年に賭ける意気込みは相当強いものになってい
ることでしょう。

今年は早速9日に、2枚面のシングル『もしも私が空に住
んでいたら』もリリースされます。

このシングルもヒットさせ、今年の選抜総選挙では選抜入
りを果たすことが出来るか。

わさみんが大きく飛躍する姿を期待し、今後を見守ってい
きたいと思う次第です。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/446-9a6dedba









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。