スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48入山杏奈が横山由依の生誕祭後のツーショットをGoogle+で公開

AKBの絆は深く、劇場公開での生誕祭が恒例になるほど、
各メンバーのイベントは大切していますね。

やはり、グループとして各メンバーに対する思いやりの気
持ちが高く、ライバルでありながら仲間であるという概念
がよく伝わってきます。

だからこそ、ファンが魅了されるアイドルグループとして
君臨出来るのでしょう。

もちろん、生誕祭を行う気持ちや絆の部分は、AKB48
の魅力の一部分にしか過ぎないですが・・・

生誕祭で思い出しましたが、そういえば、12月10日の
篠田チームA劇場公演では、12月8に20歳を迎えた横
山由依(ゆいはん)の生誕祭が行われましたね。

ネットで流れた映像でちらっとだけその模様を見ましたが、
参加メンバーとファンで共に盛り上がり、いい雰囲気でし
た。

そして、同じチームAメンバーの入山杏奈(あんにん)の
Google+では、ゆいはんとの2ショットが投稿されていまし
たね。
この光景が凄く微笑ましく、AKB48を好きになって良
かったと思います。

それにしても、この投稿記事に抱えていた、あんにんの替
え歌はツボにはまり、時たま思い出しては吹き出しそうに
なります。

ちなみにこの替え歌の歌詞は、これです。
『まりやぎさんからお手紙ついた 横山さんたら読まれて
泣いた♪』

永尾まりやのニックネームがまりやぎであることと、選抜
総選挙で良く泣いていることと出身が京都ということから、
今年の選抜総選挙の情報がたくさん詰まったスペシャルム
ックで、『泣くよゆいはん平安京』ともじられていたこと
を知っている方なら、この替え歌の歌詞に納得行ってくれ
るでしょう。

紙が大好きなやぎさんとまりやぎをもじらせて、おてがみ
ついたときて、更に、このお手紙に感動して泣いてしまう
ゆいはんを想像させるように、つづけてきたところは、あ
んにんのせんすを感じました。

AKB48は個性的なメンバーが揃い角度を変えて見ると、
非情にセンスの良いメンバーばかりです。

そして、仲間思いであり、Google+などで綴られる自身や仲
間のことを知れば知るほど、どんどんAKB48の魅力に
とりつかれそうになりますね。

今後もあんにんのGoogle+を楽しみにしたいと思います。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

※AKB48・入山杏奈(あんにん)関連記事はこちらを
参照してください。

・入山杏奈関連ニュース記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/395-4b2020d0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。