スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48 『Everyday、カチューシャ』 楽曲紹介

AKB48と言えばどんな曲を連想しますか?

最新シングルの『UZA』やドラマの主題歌にもなった『
フライングゲット』など、人によって答えは様々でしょう。
しかし、間違いなく今回紹介する『Everyday、カチューシ
ャ』はほとんどの人が知っているAKB48を代表とする
楽曲です。

今回は、私独自の見解で、『Everyday、カチューシャ』を
解説していきます。

この曲をご存知の方は、こんな解釈もあるんだと聞いても
らえればありがたいですし、まだ知らない方は、この記事
をきっかけに、『Everyday、カチューシャ』を知ってもらえれ
ば嬉しいです。

それでは、早速参りましょう。

みなさんお楽しみに。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。。

【1830m:第9曲『Everyday、カチューシャ』楽曲紹介】

【曲調に関して(所感)】
曲調としては、イントロ・メロディー・サビとどれをとっ
ても、実に明るく軽快でアップテンポで、真夏の太陽を意
識していると思わせる曲調です。

曲の構成はこんな感じです。
イントロ
1番:Aメロ→Bメロ→サビ
2番:A→B→サビ


曲の構成そのものはオーソドックスなタイプではあるもの
のそれを全く感じさせないほど迫力あるサウンドは圧巻で
す。

イントロから16ビートを刻み、アップテンポでガチャガ
チャさせてこの曲は展開しています。

このガチャガチャは、普通悪い表現で用いられますが、こ
こでいうガチャガチャという表現は、決して悪い表現では
なく、真夏らしく、曲全体を賑やかにしてくれるものであ
って単純にアップテンポで軽快なサウンドにしているので
は無く、メロディーラインから飛び跳ねたような賑やかな
ガチャガチャ感が凄く心地よく聴こえ、これぞ真夏を意識
した楽曲という印象があります。

AKB48で例えるなら、ポニーテールとシュシュが一番
近くわかりやすいと思います。

イントロから全体的に16ビートでアップテンポなリズム
を刻み、一気に盛り上げていくところは全く同じですし、
メロディーこそ違いますが、ノリや真夏を意識している点
も類似しています。

『Everyday、カチューシャ』がポニーテールとシュシュの
続編と説明されている所以がここにあるかもしれませんね。

アップテンポでありながら軽快で、賑やかに飛び跳ねてい
る。
これらの要素を掛け合わせて、私はガチャガチャ感と表現
しますが、最初から最後までしっかりした真夏の太陽を意
識しているように印象づけられる、AKB48を代表とす
る楽曲だと言ってもいいのではないでしょうか。

曲調だけ捉えて、どんな時に聴けば効果的かというと、み
んなでワイワイ楽しみたいとき、真夏の爽快感を得たいと
き、そして何よりも元気で笑顔になりたい時に聴くのが理
想的な場面だと思います。

逆に、悲しみたいとき・ゆっくり落ち着きたい時に聴くと
逆効果になってうるさく感じてしまうでしょう。

何にしても真夏を最も意識した明るく軽快でアップテンポ
な曲調ですね。

【歌詞に関して(所感)】
歌詞の部分においても最初から最後まで真夏を意識したフ
レーズが散りばめられています。

1番に至っては最初から太陽というフレーズで始まり、眩
しくてり続けはじめたらと続いていきます。

真夏のサンサンと眩しく照り続ける太陽をバックに、大好
きな彼女を誘い、夏を追いかけ続ける。
真夏と熱い恋愛感情、これらがこの曲のキーワードとして、
ストレートに想いを伝えてくれるような爽快感ある歌詞と
いえますね。

太陽を追いかけたところで、追いつくものではありません。
主人公の男の子も大好きな女の子に近づきたいと思ってい
ますがなかなか手が届かない。
それでもまっすぐどこまでも追いかけ続けています。

そんな恋愛模様が手に取るように分かります。

単純明快で実に爽快。

真夏の太陽と片思いの男の子の恋愛感情をテーマにこれで
もかと言わんばかりに、真夏を意識した歌詞構成にまとめ
られてますね。

『Everyday、カチューシャ』あまりにも単純明快なため、
これ以上あまりごちゃゴチャ言わず、歌詞解説に関しては
これくらいにしておきたいと思います。

実際に歌詞を見ながら聴いてみてください。
本当にストレートに歌詞の意味が心に溶け込んできますよ。

【最後に・・・】
みなさん、いかがでしたか?

今回は、AKB48の代表曲でもある『Everyday、カチュ
ーシャ』を私独自の見解で、鋭く切り込み楽しく紹介させ
ていただきました。

何度も言うように、この曲は、『ポニーテールとシュシュ』
の続編と説明されているように、真夏を完全に意識して作
られた楽曲です。

元気がないとき、みんなでワイワイ盛り上がりたいとき、
真夏の爽快感を味わいたいときなどに聴いてみてください。

きっと効果てきめんですよ。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

さて、次回は、アルバム『1830m』の10番目に収録さ
れている『走れ!ペンギン』を紹介します。

この曲は、今月からAKB48が新体制になり、4チーム体
制(チームA・K・B・4)から3チーム体制(A・K・B)
になり、消滅してしまったチーム4の代表曲です。

劇場公演などでも、ペンギンの格好をしながら可愛らしく登
場しこの楽曲でファンを存分に楽しませてくれました。
そんな思い入れのあるチーム4の代表曲『走れ!ペンギン』
を、いつも通り、私独自の見解の下、鋭く切り込み楽しくご
紹介していきます。

みなさんお楽しみに。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

P.S.
今回紹介した『Everyday、カチューシャ』の視聴映像を添付
しておきます。
気になる方は、是非、一度ご覧くださいね。


※『Everyday、カチューシャ』の視聴はこちらをご覧ください。
なお、著作権等は全て、著作者・団体に帰属しております。
あくまで視聴を目的としてyoutube等の共有映像を引用させて
いただいているだけです。
決して、著作権違法などを助長しているものではありませんこと
ご了承ください。
※この映像はユーザーによっていつ削除されるかわかりません。
削除された場合は、映像を見ることは出来ませんので、その旨
ご了承ください。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/259-674d7bb4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。