スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48 チームサプライズ【素敵な三角関係】 楽曲紹介

パチンコ業界では初となる、一時間に一度、全台一斉ライブ公演
に切り替わる画期的な企画で多くの注目を浴びた、CRパチンコ
AKB48。
私自身、何度もホールに通い、よく、重力シンパシー公演を聴く
ために打っていたものです。

その12週連続リリースとなる重力シンパシー公演の曲目もいよ
いよ佳境の10週目を迎えます。

第10弾シングルは、『素敵な三角関係』。

ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』を思い出されるような、アメ
リカンテイストがふんだんに詰め込まれたイメージの楽曲であり
ながら、歌詞が切なさを感じさせるギャップさが味わい深く、ツ
ボにハマる様な気がします。

さて、今回は、この『素敵な三角関係』を独自の見解の下、鋭く
切り込み楽しくご紹介いたします。

皆さんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、早速参りましょう。

【チームサプライズ楽曲紹介⑩:素敵な三角関係】
『①メンバー構成』
・峯岸みなみ(AKB48:チームB):ニックネーム(みぃちゃん)
・北原里英(AKB48:チームK SKE48兼任):ニックネーム(きたりえ)
・松井玲奈(SKE48:チームS):ニックネーム(れな)
・指原莉乃(HKT48:チームH):ニックネーム(さしこ)
・宮澤佐江(JKT48):ニックネーム(サエちん)
・横山由依(AKB48:チームK NMB48兼任):ニックネーム(ゆいはん)

『②曲調に関して(所感)』
AKB48の楽曲の中で、一番垢抜けた感じのする曲という印象を
まず最初にこの曲を聴いて感じました。
これは、全体的にアメリカンポップスを彷彿させる感じの曲調に仕
上がっているからですね。

しかし、悪く言えば、全体的に一片調子で、リズミカルな曲であり
ながらも、これでもかというばかりにアメリカンポップスが強調さ
れるため、嫌いな人は全く受け付けない曲でもあると言えるでしょ
う。
逆に、アメリカンポップスが大好きな人は是非聴いて欲しいと言い
たくなるような曲調ですね。

曲の大まかな構成としては、こんな感じです。
1番:イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ
2番:イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→間奏→ラスト

曲の構成そのものはAKBとしてはオーソドックスなタイプの構成
だといえます。

しかし、先程も話したように、全体的にアメリカンポップスでまと
まっているため、Aメロ・Bメロ・サビとあるものの、大まかには
流れの中で聴けてしまう印象を受けます。

更に、この曲をアメリカンポップスとして強調させるために、随所
にピアノでポロロンと溢れるように聴かせています。

また、リズムに関しても、バラードの様にスローテンポでは無く、
ロックのようなアップテンポでもない、ちょうどいいゆったり感で
小刻みに揺れるリズミカルなテンポで曲全体を覆います。

松本伊代の代表曲センチメンタルジャーニーの様に、小刻みに揺れ
るリズミカルなテンポで全体的に覆われている曲調であると言える
でしょう。

どちらにしても、ドラマビバリーヒルズ白書などでBGMに出てく
る様なアメリカンポップスが好きな方は、完全にハマる曲でしょう
し、このようなタイプが嫌いな方は、拒絶反応を示してしまうよう
な両極端的楽曲で、AKB48としてはある意味特殊なタイプの曲
だと思いますね。

『③歌詞に関して(所感)』
この歌詞には3人のキャラクターが登場します。

まず一人目は、三角関係の中で、微妙な立ち位置にいながら、恋愛
関係に発展させずに、今のままの関係を継続したいとちょっと無理
しながらも頑張っている女の子。

二人目は、三角関係を継続するというよりも、相手の男の子と恋愛
関係に発展し、現在ラブラブな状態の女の子。

三人目は、二人の女の子に挟まれ微妙な関係にいながらも、二人目
の女の子といい関係を構築している男の子。

以上3名のキャラクターが登場し、どことなく微妙でアンニュイな
三角関係を物語っています。

ラブラブな関係の二人の間に割って入りたくなる一人目の女の子で
すが、今まで仲良くいつも遊んできたこの関係を壊したくないため
に、いろいろ無理して気を使っています。

立場的にも微妙な立場で、どことなく切ない気持ちが感じ取れます。
男と女の友情は難しい。
ましてや三角関係を構築した中では、更に困難なこととなるでしょ
う。

そんな微妙な立場にいる一人目の女の子を軸に捉え揺れ動く切ない
感情を、アメリカンポップス調の明るい感じの曲とは、いい意味で
ミスマッチな歌詞にまとめ上げて表現している様に思います。

そんなことを考えながら歌詞に注目し聴いてみると、実に切なく心
に響いてきますね。

是非、何度も聴きながら、歌詞の意味合いを深く感じ取ってみてく
ださいね。

『最後に・・・』
最後に・・・

みなさんいかがでしたか?

今回は、チームサプライズ10thシングル『素敵な三角関係』を、
独自の見解の下、鋭く切り込み楽しく紹介させていただきました。

チームサプライズの楽曲はどれも個性的な楽曲ばかりで、この『素
敵な三角関係』もアメリカンポップス調の独特な世界観を持つ楽曲
でした。

松本伊代のセンチメンタルジャーニーのようにリズミカルでアメリ
カンポップス調な曲が好きな人は、是非一度聴いてみてください。
きっと何度も聴きたくなるほど、はまってしまいますよ。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

さて、次回は11thシングル『旅立ちのとき』を紹介していきます。
重力シンパシー公演もラスト2曲ということで、この『旅立ちのと
き』は、ユニットメンバー全員で歌います。

一体どんな曲になるのかは、来週リリースされた時のお楽しみとい
うことで・・・

次回にて、旅立ちのときも私独自の見解の下、鋭く切り込み楽しく
紹介していきますので、皆さんお楽しみに。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

P.S.
今回紹介した『素敵な三角関係』の視聴映像を添付しておきます。
気になる方は、是非、一度ご覧くださいね。


?(チームサプライズ)?「素敵な三角関係... 投稿者 makino-tsukushi
※『素敵な三角関係』の視聴はこちらをご覧ください。
なお、著作権等は全て、著作者・団体に帰属しております。
あくまで視聴を目的としてyoutube等の共有映像を引用させて
いただいているだけです。
決して、著作権違法などを助長しているものではありませんこと
ご了承ください。
※この映像はユーザーによっていつ削除されるかわかりません。
削除された場合は、映像を見ることは出来ませんので、その旨
ご了承ください。
[ 2012/11/08 21:49 ] チームサプライズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/241-020df296









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。