スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48 『檸檬の年頃』 楽曲紹介

マイナーな楽曲から、アップテンポでAKBらしさが存分
に感じられる楽曲など様々なタイプの楽曲がぎっしり詰ま
ったアルバム『1830m』
この中でも、独特の世界観を持ち合わせているシンプルな
楽曲と言えば、『檸檬の年頃』といってもいいでしょう。

他にも独特の世界観を持ち合わせた曲はたくさんあります
が、実にシンプルで、哀愁漂う70~80年代のマイナー
チューンなため、AKB48の楽曲としてはかなり異質な
タイプの邪道的な曲であり、シンプルで独特の世界観を持
ち合わせた楽曲といっても過言ではありません。

今回は、『1830m』の第6曲目に収録された『檸檬の
年頃』を独自の見解の下、鋭く切り込み楽しくご紹介して
いきます。

みなさんお楽しみに。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では早速参りましょう。

【1830m:第6曲『檸檬の年頃』楽曲紹介】

【曲調に関して(所感)】
これぞ昭和歌謡という感じの解りやすい楽曲ですね。

ゆったりした、マイナーチューンで、哀愁漂うメロディー
進行が、70~80年代のアイドル時代の楽曲を印象づけ
るような感じを受けます。

曲の構成としてはこんな感じです。
1番:イントロ→A→A’→サビ。
2番:イントロ→A’→サビ→間奏(セリフ)→ラスト。

聴いてもらえばわかりますが、この曲にBメロは存在しま
せん。

イントロとAメロ・Aメロの若干短いA'・サビの4要素で
1番が構成され、2番では、ここに間奏が入り各メンバーが
セリフを入れていくことで、70~80年代のあの懐かしい
イメージを醸し出してくれています。

この曲は実にシンプルで、AKB48では珍しいタイプの楽
曲です。
そのため、AKB48にとっては邪道的楽曲といってもいい
かもしれませんね。

実に解りやすく、ゆったりしている曲なため、懐メロの様に
年輩の方でもすんなり耳に入ってくるでしょう。

柏原芳恵・岩崎宏美・石川ひとみがよく歌う様なマイナーチ
ューンの楽曲という解釈がこの曲調の説明としてはしっくり
くるような気がしますね。

懐メロを聴くイメージで聴いてみると味わい深く聴くことが
できると思いますよ。

一度、お試しくださいね。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

【歌詞に関して(所感)】
歌詞も昔を懐かしむ哀愁漂う内容になっています。
大まかに歌詞で描かれているストーリーを説明すると、こん
な感じですね。

大好きなある男子生徒がユニフォーム姿でグラウンドを走る
姿を切なく教室の窓辺から見つめる一人の女生徒がいました。

彼女は、彼に告白したいけれど、告白する勇気が無くて、な
かなか告白できません。
それどころか、ときめいている自分に気づかれることがどこ
か恥ずかしく、思わずカーテンに隠れてしまいます。

恋はレモンの様に甘酸っぱいもので、簡単には行きません。
遠回りしながら、じっくり進んでいくものです。

特に、学生時代の恋模様は、不器用でもどかしく、青い檸檬
のように例えれます。

そんな青春時代の甘酸っぱい恋模様を描いたストーリーです。

皆さんどうですか?
特に年配の方は、懐かしい気持ちにさせてくれるようなスト
ーリーではないでしょうか。

間奏で各メンバーが言うセリフも実に切なく哀愁漂うセリフ
になっています。

ここでは、詳しく説明せず、実際に聴いてもらったほうがい
いと思います。

シンプルで懐かしさを醸し出しながらも、実に味わいの深い
歌詞構成をじっくり噛み締めながら、一度聴いてみてくださ
いね。

【最後に・・・】
皆さんいかがでしたか?

檸檬の年頃は、研究生で構成された前座ガールズ(当時K6
公演のオープニングアクトに出演したメンバー達)用に作ら
れた楽曲で、実にシンプルでありながら、味わい深い哀愁漂
う懐かしき楽曲です。

AKB48にとってはあまり見られない構成の楽曲なので、
ある意味邪道的楽曲と言えるかもしれません。

楽曲そのものが実にゆったりしたマイナーチューンなので、
ロックやラップなどハイテンポな楽曲などが苦手な人でも、
すんなり聴くことが出来る楽曲といえるでしょう。

是非一度、昔を懐かしみながらじっくり聴いてみてください
ね。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

さて、次回は、私がAKBのファンになるきっかけにもなっ
たPSPゲームソフト『AKB1/48 アイドルとグアム
で恋したら』の続編、『AKB1/149 恋愛総選挙』のC
Mソングにも使われた恋愛総選挙を紹介します。

この曲は、今回紹介した『檸檬の年頃』とは異なり、アップ
テンポでAKB48らしい楽曲です。

次回も独自の見解のもと、鋭く切り込み楽しく紹介していき
ますので、みなさんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

P.S.
今回紹介した『檸檬の年頃』の視聴映像を添付しておきます。
気になる方は、是非、一度ご覧くださいね。


※『檸檬の年頃』の視聴はこちらをご覧ください。
なお、著作権等は全て、著作者・団体に帰属しております。
あくまで視聴を目的としてyoutube等の共有映像を引用させて
いただいているだけです。
決して、著作権違法などを助長しているものではありませんこと
ご了承ください。
※この映像はユーザーによっていつ削除されるかわかりません。
削除された場合は、映像を見ることは出来ませんので、その旨
ご了承ください。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/240-2b4a8101









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。