スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48 チームサプライズ【キンモクセイ】 楽曲紹介

11月から新チームでAKB48の新たな船出が始
まりますね。
私もAKB48ファンとして、今後の活躍が非常に
楽しみです。

さて、話は変わりますが、前田敦子在籍中で、各チ
ームのエースといったら誰を思い浮かびますか?

もちろん好みの問題もあるので、断定はできないで
しょうが、これまでの総選挙の結果を反映させて各
チームのエースを挙げるとするなら、チームAは文
句なしで前田敦子、チームKはあっちゃんのライバ
ルでもある大島優子、そして最後にチームBは総選
挙の3位にも入った柏木由紀が挙げられると思いま
す。

彼女たちは、間違いなくAKB48の中心メンバー
ですね。

そういえば、前田敦子・大島優子・柏木由紀のユニ
ット曲は今まで無いんですよね。
ということは、今回紹介する『キンモクセイ』は、

彼女たちの最初で最後のユニットで奏でられる『キ
ンモクセイ』は、本当にいろんな意味で貴重な楽曲
となることでしょう。

私も本当に楽しみにしていた曲です。

今回は、チームサプライズ9thシングル『キンモク
セイ』を独自の意見の下、鋭く切り込み楽しく紹介
していきます。

皆さんお楽しみに。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、早速参りましょう。

【チームサプライズ楽曲紹介⑨:キンモクセイ】
『①メンバー構成』
・前田敦子(元AKB48チームA):ニックネーム(あっちゃん)
・大島優子(チームK):ニックネーム(ゆうこ・こりす)
・柏木由紀(チームB):ニックネーム(ゆきりん)

『②曲調に関して(所感)』
いきなりサビから始まり曲全体を盛り上げています。
いわゆる前サビというやつですね。

このサビの部分ですが、恐らくギターのコード進行だ
と思うのですが、リズムをきざむように、ビヨーンと
鳴り響き心地よく感じます。
何か安定感を与えているのか、どこか懐かしい暖かさ
が広がり、サビのメロディーとリンクすることで、凄
く心が落ち着くのです。

そういえば、こういう感じの出だしの曲をどこかで聴
いたことがあります。

Sotte Bosse(ソットボッセ)の『HELLO』という曲で
す。

もし機会があったら一度聴いて見て欲しいのですが、
Sotte Bosse(ソットボッセ)の『HELLO』も『キンモ
クセイ』同様、前サビから始まりますが、『キンモク
セイ』の様にサビの軸となるのが、メロディとギター
によるコード進行の二つです。

この二つの構成がサビの軸となり、安定感をもたらす
ことで、聴いている人に安らぎと懐かしい暖かさを与
えてくれるのです。

このサビから始まる『キンモクセイ』は、前サビによ
るつかみの部分で、すごく聴きやすく暖かい心温まる
曲であると印象づける効果があるようですね。

また、Aメロ・Bメロのピアノの使い方は実にうまく、
メロディー全体をうまく引き立たせています。
歌詞が切ない感じの歌詞にもかかわらず、ピアノの効
果によって暗く感じさせません。

イメージとしては夕暮れどきに夕焼けに浸りながらゆ
っくり歩く友達同士のひとコマという感じです。

このAメロ・Bメロは、前サビの効果もあって、凄く
安定感があり、落ち着いて聴くことが出来るのです。

取り敢えず、この曲の肝の部分の説明はこの辺にして
おいて、肝心の曲構成に付いても触れておきましょう。

曲構成ですが、前サビ・Aメロ・Bメロ・サビと流れ、
このまま2番に突入するかと思いきや、Dメロと違う
パターンのメロディーが流れ、ギターの間奏を間に挟
み、ラストのサビにつながっていきます。

また、このラストのサビの部分も前田敦子のソロパー
ト・大島優子、柏木由紀のデュエット・3人で歌うパ
ートと3段階に別けて流れていくことで、最後の部分
で徐々に曲全体を盛り上げています。

ぱっと聴いた瞬間は、ただ何となく懐かしく聴きやす
いシンプルな曲の様に感じますが、曲構成一つにおい
ても、幾重にもあらゆる技法を用いて、聴き手の心を
しっかりつかむ曲へと仕上がっていることがよくわか
りました。

皆さんも、機会があったら、是非、曲構成やサビ・メ
ロディ部分などの効果などを感じながら聴いてみてく
ださい。
この『キンモクセイ』は、いろんな意味で気づく部分
が多い曲調と言えるでしょう。

『③歌詞に関して(所感)』

どこか懐かしさや心が温まる曲のイメージとは逆に、
切なさやちょっと悲しいイメージを与える部分も含ま
れ、いろんな感情を与えてくれる歌詞内容です。

歌詞で描かれているストーリーとしては、こんな感じ
です。

ある日常の中で、辛く落ち込む日が訪れます。
でも、人間生きていれば、幸せな時ばかりでは無くて、
辛く落ち込む日だって当然あります。
中には、生きているのが嫌になるくらい、自分を見失
って切なくなるときもあります。

そんな日だって、キンモクセイはどんなときも変わる
ことなく、毎年、ふと風に吹かれ甘い香りを辺り一面
に運んでくれ、私たちに秋の訪れを感じさせてくれま
す。

そんなキンモクセイの様に、存在するだけで誰かのた
めになれるように、一歩前に歩き出そうというような
ストーリーです。

生きているのが嫌になるくらい自分を見失うと、実に
切ない歌詞も含まれ、歌詞だけを見ると、悲しくなっ
てしまうこともあるでしょう。
その反面、キンモクセイのように存在だけでも誰かの
ためになるという元気づけてくれる部分も見え隠れし
ています。

歌詞の意味合いをかみしめながら聴くことで、時に切
なく悲しく、時に癒されるというような気持ちにさせ
てくれるので、何度でも聴きたくなる歌詞といっても
過言ではありませんよ。

是非、一度試しに歌詞の意味合いを深くかみしめなが
ら『キンモクセイ』を聴いてみてくださいね。

『最後に・・・』
いかがでしたか?

チームサプライズの楽曲は個性的な曲ばかりですが、
この『キンモクセイ』は、どこか懐かしく心が温まる
反面、切なく悲しくなってしまう部分も見え隠れする
様々な感情が汲み取れる曲ですね。

さて、皆さんにとって『キンモクセイ』はどんな風に
感じましたか?
きっと人それぞれの感じ方があると思います。

恐らく、その日の精神状態によってはいろんな情景が
浮かんでくるでしょうね。

ただ、キンモクセイは、常に私たちに秋の訪れを変わ
ることなく教えてくれます。

私は、自分らしく、存在するだけで誰かのためになり
たい。
この曲を聴いてみて、ちょっとそんな風に感じた気が
しました。(^ー^;)

さて、チームサプライズ12週連続リリースのシング
ルも残すところ3曲!!

いよいよカウントダウンが始まります。

次回は、第10弾シングル『素敵な三角関係』を独自
の見解の下、鋭く切り込み楽しく紹介いたします。

皆さんお楽しみに。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

P.S.
今回紹介した『キンモクセイ』の視聴映像を添付しておきます。
気になる方は、是非、一度ご覧くださいね。





※『キンモクセイ』の視聴はこちらをご覧ください。
なお、著作権等は全て、著作者・団体に帰属しております。
あくまで視聴を目的としてyoutube等の共有映像を引用させて
いただいているだけです。
決して、著作権違法などを助長しているものではありませんこと
ご了承ください。
※この映像はユーザーによっていつ削除されるかわかりません。
削除された場合は、映像を見ることは出来ませんので、その旨
ご了承ください。
[ 2012/10/28 23:55 ] チームサプライズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/185-1b56984a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。