スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48 チームサプライズ【思い出すたびつらくなる】 楽曲紹介

時に、ポップに時に激しく、時に明るく一曲一曲私たちを様々
な世界に誘ってくれる、AKB48チームサプライズ。
第6弾シングル『1994年の雷鳴』では、片思いの二人のも
どかしい感情を時には切なく、時には衝撃的に心に響かせ、涙
が流れるほど感動した一曲でした。

さて、第7弾シングル『思い出すたびつらくなる』は、また、
これまでと異なる一曲となっています。

それはどんな曲なのか。

今回も独自の見解の下、鋭く切り込み紹介していきたいと思い
ます。

それでは、早速参りましょう。
みなさんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。


【チームサプライズ楽曲紹介:7th『思い出すたびつらくなる』】


『①メンバー構成』
前田敦子(ニックネーム;あっちゃん)
小嶋陽菜(ニックネーム:こじはる)

『②曲調(所感)』
曲調としてはスローテンポでしっとりと歌い上げる、
今主流のR&B系な曲です。

この曲の決めては、何といっても全体に響きわたるストリング
スと、単調に感じさせないためにベースとドラムでしっかりリ
ズムを響かせ、そして、イントロ部などに流れる『ビヨ~ン』
という音がアクセントを与え、この曲にスパイスを利かせてい
ます。

ちなみに、公式サイトでも記載されていたことですが、この『
ビヨ~ン』という音は、『エレクトリック・シタール』という
今主流のR&Bでは欠かすことの技法だそうですが、本当に、
これが実にいいアクセントになって、曲全体を引き立たせます。

R&の定義が結構広いので、聴く人によっては違うと言われる
かもしれないですが、私の大好きなアーティスト『JUJU』
の楽曲がピアノを主体として聴かせる楽曲であるのとは異なり、
この曲は、同じR&Bでありながら、ストリングスが中心の曲
調と言えるでしょう。

また、意味合い的には異なるのですが、AKB48の名曲【桜
の木になろう】と少しイメージは近く、別れの曲(桜の木にな
ろうは卒業ソング)という切なさを存分に味わえる珠玉の一曲
となっています。

『③歌詞(所感)』
本当は、今付き合っている彼のことが、今すぐに飛び込んでし
まいたいくらい大好きなのに、その反面、なんでも許してくれ
る優しい彼のことが、どこか物足りなく感じてしまい、他の人
を好きになってしまった。
これまでは、いつも許してくれる彼に甘えてしまっていた彼女
だったけれど、このまま甘えていては、自分がどんどんダメに
なってしまう。
悲しく切ないけれど、もう優しさに甘えず、彼に別れを告げよ
う。

そんな女の子目線での悲しくもあり切なくもある歌詞と感じま
した。

歌詞の意味合いを考えてみると、彼女としては、時には激しく
叱って欲しかったのかもしれませんね。
どんなことでも優しく包み込んでくれる、彼がどこか物足りな
く感じてしまい、結局別れを告げることになってしまった。
悲しくもあり、切なさもあり、なんとも複雑な感情が入り交じ
った曲といえるでしょう。

それにしても、AKB48では珍しいタイプの歌詞(ストーリ
ー)ですね。

まず、別れの恋愛ソングで女の子目線というものが少ないです
し、単純な別れの歌では無く、三角関係が絡んでいることを連
想させる歌は少ないのではないでしょうか。
(単に私が知らないだけかもしれないですが・・・)

そういう意味では、少し目線を変えてまたAKB48の魅力を
引き出せる楽曲と言えるのかもしれません。

『④ミュージックビデオを観ての所感』
今回は、前田敦子と小嶋陽菜がデュエットするという珍しい構
成のユニットで、その部分を見るだけでもかなりの価値がある
ミュージックビデオといえるでしょう。

まずは、前田敦子が階段を一歩ずつ登っていくシーンから、こ
のミュージックビデオが始まります。

あっちゃん・こじはるが一歩ずつゆっくり歩き、曲が進むにつ
れて徐々に近づいていきます。
そして、雨や雪に打たれながら、二人が揃いラストを迎えます。
この、徐々に近づいていく二人と、雨や雪の演出が、切なくか
なしい物語を演出しているように思います。

ただ、少し気になったのは、この曲の歌詞にあるように、最後
は二人が別れていくのかと思っていたのですが、ラストでは、
二人揃ってフェードアウトしています。
別れではなく、二人でいなくなるという、この曲の歌詞とはち
ょっと異なった演出となりましたね。

まぁそんな部分を差し引いたとしても、別れを切なく悲しく語
る様に、ゆったりとした演出と、雨・雪の演出がこのミュージ
ックビデオの根幹となっていて、じっくりゆっくりと魅せる仕
上がりになりました。

普段見られるAKB48の激しい感じのミュージックビデオ(
中にはゆっくりしたものもありますが・・・)とは違い、実に
味わいがあって良かったと思いますよ。

【最後に・・・】
皆さんいかがでしたか?

今回の『思い出すたびつらくなる』もなかなかの楽曲でしたね。
別れへの切なさを、しっとりと歌ったR&Bは、きっと皆さんの
心にも響きわたったことでしょう。

少し大げさかもしれませんが、中島美嘉やJUJUが歌うような
歌姫系の楽曲であり、また、誰もが何度でも聴きたくなるような
珠玉の一曲であることは間違いありません。

さて、次回は、遂にチームサプライズ初のソロでのシングルです。
歌うのはAKB48総監督、高橋みなみ。

一体どんな楽曲になるのか。
次回も独自の見解の下鋭く切り込み、楽しく皆さんに紹介してい
きたいと思います。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

P.S.
最後に、『思い出すたびつらくなる』の視聴用ビデオを添付して
おきます。
もしよかったら、一度ご覧になってくださいね。


(チームサプライズ)「思い出す度につらくなる... 投稿者 makino-tsukushi

※『思い出すたびつらくなる』の視聴はこちらをご覧ください。
なお、著作権等は全て、著作者・団体に帰属しております。
あくまで視聴を目的としてyoutube等の共有映像を引用させて
いただいているだけです。
決して、著作権違法などを助長しているものではありませんこと
ご了承ください。
※この映像はユーザーによっていつ削除されるかわかりません。
削除された場合は、映像を見ることは出来ませんので、その旨
ご了承ください。
[ 2012/10/23 11:43 ] チームサプライズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akb48dailydiary.blog.fc2.com/tb.php/152-c209298a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。